日記 : ごはんとパンのどっちが食べたいのさ

例えがうまく理解してもらえなかったのでその補足になるかもしれない駄文です。 最低3日に1回のペースで書くってなかなか難しい気がする。

「楽しい」は一つじゃない

何かについて「楽しい」と一言で言っても,それが表す内容は全くかけ離れたものであることは珍しくない。

例えば,仕事をしていての「楽しい」と好きなゲームをしていての「楽しい」が同じかと聞かれて同じだと答える人はあまりいないだろう。

これはその「楽しい」ことで満たされるものが違うからではないだろうか。

「楽しい」の分類

個人的な「楽しい」の例としては次のようなものが挙げられる。

  • 新たなものに触れ,刺激を受けた
  • 対象に対する理解を深め,知識欲が満たされた
  • 対象に深く共感し,孤独感が薄れた
  • くだらないことで盛り上がり,笑顔になった

上2つはどちらかと言うと硬い印象で,下2つはどちらかと言うと柔らかい印象を受ける。

これらは同じ「楽しい」であっても方向性が異なり,硬い「楽しい」が充実していても,柔らかい「楽しい」が不足しているとそれはそれで満たされないのである。

先輩や上司と飲みに行くのは楽しい,けど,その「楽しい」だけじゃ満たされないので,気がつくと別の「楽しい」を求めることになる。

ごはんとパンの関係

この「楽しい」の関係は,ごはんが食べたいなと思っている時にパンを出されても満たされない感じがあるのと似ている。

他に例えるなら焼きそばとカップ焼きそばとか味噌汁とコーンスープとかそんな感じだろうか。

ごはんばっかり食べてるとごはんが嫌いになるよ

硬い「楽しい」がごはんであり,柔らかい「楽しい」がパンであるように,どちらか一方ばかりの「楽しい」を摂取していると飽きがきて苦痛になる場合がある。

なので,「楽しい」もその方向性を考えた上で,適切な「楽しい」を選んでいく必要があるのではないかと思った。

蛇足

実際のところは知らないけれど,もしかすると「楽しい」の方向性は3つ以上あるのかもしれない。でも,自分がそれを知ることはきっとこれからも無いのだろう。