読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XperiaのOSSアーカイブ読み 2017/01/20

いつも通り適当にRSSTwitterに流れてくるサイトを巡回してたら,気になる記事を見つけた。

androplus.org

未発表のスマートフォンの画像がリークするのはいつも通りすぎて特に言うことはないのだけれど,気になったのはこの部分

また、Sonyのデータベースから、現在開発中のプラットフォーム名も判明しました。 一つは「BlancBright」、もう一つは「Yoshino」です。

Sony Mobileのスマートフォンには基本的に開発コードネームとプラットフォーム名がつけられている(例えば,Xperia Zなら開発コードネームYugaでプラットフォームがLagan(Qualcomm APQ8064 + Qualcomm MDM9215M)のだけれど,新しいプラットフォーム名が判明しているそう。

どうせいつも通りQualcommのSoCだろうし,最新のXperiaオープンソースアーカイブ見てみたら何か書いてるかも,と久々にXperia X Performance / XZの39.2.A.0.386をダウンロードして探してみた。

すると,ごく僅かに,断片的にだけれどもMakefile中にYoshinoに関する記載があった。

# vendor/semc/external/fips/kscl/Android.mk Line 16 ~ 26

ifneq ($(filter N 7.0, $(PLATFORM_VERSION)),)
  ifeq ($(strip $(SOMC_PLATFORM)),tone)
    TARGET_KERNEL_SOURCE := kernel/msm-3.18
  else ifeq ($(strip $(SOMC_PLATFORM)),yoshino)
    TARGET_KERNEL_SOURCE := kernel/msm-4.4
  else
    TARGET_KERNEL_SOURCE := kernel
  endif
else
  TARGET_KERNEL_SOURCE := kernel
endif

どうやら変数SOMC_PLATFORMyoshinoならカーネルソースとしてkernel/msm-4.4を使用するそう。

ここで出て来る特殊な用語(?)としては

  • SOMC : SOny Mobile Communications,昔はSEMC(Sony Ericsson Mobile Communications)だった。
  • msm : MSM(Mobile Station Modem,要はQualcomm Snapdragonのこと。
  • msm-3.18, msm-4.4 : msmにおけるターゲットLinuxカーネルバージョン。ここにあります。

ただし,39.2.A.0.386にはkernel/msm-4.4が含まれない為,わかったのはこれだけだった。

わかったこととしては

  • YoshinoプラットフォームはQualcommチップセットである。
  • Yoshinoプラットフォームはmsm-4.4ベースである。
  • YoshinoプラットフォームはLinux Kernel 4.4ベースになる。

ということくらい。

BlancBrightの名前は見つからなかった。たぶんMediaTekチップセットなんじゃないかと思う。そういやMediaTek Helio P20採用の機種の情報が漏れてましたね。

あと,Qualcommチップセットに元素名のコードネームをつけてるみたい。ちょっと適当にソースを眺めてみた感じだとこんな感じかな...間違ってるかもしれない。

  • msmcopper => MSM8974 (Snapdragon 800)
  • msmgold => MSM8917 (Snapdragon 425)
  • msmtitanium => MSM8953 (Snapdragon 625)
  • msmferrum => MSM8909 (Snapdragon 210)
  • msmplutonium => MSM8994 (Snapdragon 810)
  • msmtellurium => MSM8952 (Snapdragon 617)
  • msmthorium => MSM8937 (Snapdragon 430)
  • msmzinc => APQ8084 (Snapdragon 805)
  • msmcobalt => MSM8998 (Snapdragon 835)